ワイン食堂-リニューアル後売り上げが180%にUP 天ぷら食堂-リニューアル後売り上げが187%にUP ホルモン専門店-リニューアル後売り上げが140%にUP
ワイン食堂-リニューアル後売り上げが180%にUP 天ぷら食堂-リニューアル後売り上げが187%にUP ホルモン専門店-リニューアル後売り上げが140%にUP
戸田大輔の飲食店オーナー様のための 売上げがアップする!店構えメルマガ メールマガジン登録はこちら 戸田大輔著新規客が増える飲食店の店構え 楽天ブックスで本を買う 飲食店オーナー様 限定メールで無料相談受付中! メールで相談する
メールマガジン登録はこちら 楽天ブックスで本を買う メールで相談する
肉と魚とガブ飲みワイン食堂   バールマン天六店(大阪市・北区) 売り上げ180%UP! BEFORE 店内(黒板メニュー) メニュー表 店構えプロデュースで店構えを変えた結果、 売上げがアップした店舗をご紹介します!
店構えプロデュースで店構えを変えた結果、 売上げがアップした店舗をご紹介します! 肉と魚とガブ飲みワイン食堂   バールマン天六店(大阪市・北区)
天丼・天ぷら本舗 さん天(大阪市・住吉区) 予想売上150%超 ロゴ制作 サイン計画 店内コーディネート 店内コーディネート
天丼・天ぷら本舗 さん天(大阪市・住吉区)
■ 天ぷら海鮮 よし平(和歌山県・田辺市)
天ぷら海鮮  よし平(和歌山県・田辺市)
■ ホルモン専門店 ホルモン闇番長(千葉市)
ホルモン専門店 ホルモン闇番長(千葉市)
■ 神戸牛ハンバーグとステーキの店 いち
(大阪市・北区天神橋)
神戸牛ハンバーグとステーキの店 いち (大阪市・北区天神橋)
■ まぐろ中心の海鮮居酒屋 三代目うめきち
(大阪市・福島)
まぐろ中心の海鮮居酒屋 三代目うめきち (大阪市・福島)
■ やきとん居酒屋 もつ焼き のんき
(香川県・高松市)
やきとん居酒屋  もつ焼き のんき (香川県・高松市)
■ 天丼専門店 天丼 よし平
(和歌山県・田辺市)
天丼専門店 天丼 よし平 (和歌山県・田辺市)
■ CNAX
CNAX
■ Laなら
Laなら
■ MUC
MUC
■ RRC
RRC
■ いちふじ
いちふじ
■ うめきち
うめきち
■ おいでまい
おいでまい
■ さん天
さん天
■ のんき
のんき
■ バールマン
バールマン
■ ばさらか
ばさらか
■ ふぁんふぁん
ふぁんふぁん
■ まるや
まるや
■ まんてん
まんてん
■ ミリオンスマイル
ミリオンスマイル
■ モダン・ミール
モダン・ミール
■ ヤマオカ
ヤマオカ
■ よし平
よし平
■ ワイズキッチン
ワイズキッチン
■ 綾商店
綾商店
■ 闇番長
闇番長
■ 一心
一心
■ 海ごこち
海ごこち
■ 韓豚門
韓豚門
■ 魚串物語
魚串物語
■ 月島ラーメン
月島ラーメン
■ 元気玉
元気玉
■ 焼肉屋
焼肉屋
■ 川之江釜焼鳥専門
川之江釜焼鳥専門
■ 大真うどん
大真うどん
■ 鳥ロマン
鳥ロマン
■ 天盃
天盃
■ 天丼よし平
天丼よし平
■ 桃山亭観音寺
桃山亭観音寺
■ 桃山亭当新田
桃山亭当新田
■ 武士道
武士道
■ 風神
風神
■ 味兵衛
味兵衛
■ 麺や
麺や
■ 羅生門
羅生門
飲食店オーナー様! こんなお悩みはありませんか? ・新規客を増やして、売上げを伸ばしたい! ・常連客は維持しながら、新規客を呼び込んで常連客にしたい! ・入りにくいと、お客様に思われているか心配! さらに こんな風に思っていませんか?・店構えを重要視しておらず「まあいいか」で済ませている ・割引やサービスをしていたらお客様は来る! ・店構えや内装って売上げには直接関係していない ・美味しいものを作っていれば、いつか客が来るはず! これは、間違いです!!こんな風に思っている飲食店オーナー様は もったいない!新規客を呼び込む、売上げを伸ばすには… 店構えをどうするのか
飲食店オーナー様!
人も店も第一印象で決まる!
人も店も第一印象で決まる!

人の印象は3秒!人は誰かを見て、パッと第一印象でどんな人かを想像しているように、お店も同じ。お客様は店構えからイマジネーションを働かせます。第一印象が悪いお店には一度もお店に入ってもらえない事も…。
なので!
お客様に第一印象で、良い想像をしてもらいます!
どういうお店なのか、入りやすいか、入り口がわかりやすいか、初めてお店と出会うお客様にきっちりと伝わる店構えが重要。
店構えには、お客様の足を止める要素や、料理に興味を湧いてもらう要素が秘められています!

店構えを変えると、売上げがすぐ伸びる!
店構えを変えると、売上げ即アップ!

お店をオープンして、お客様が定着するまでにはそれなりの時間がかかるもので、根気が必要となります。
毎月の家賃や人件費…売上げを上げることは当然早いに越したことはありません!
そこで!
お店にお客様を定着させるスピードを、店構えを変えて一気に上げます!
新規オープンやリニューアル後、すぐに多くのお客様を呼ぶには、店構えの変化が特に即効性があり、非常に重要となるのです。

低単価ほど店構えが大事
外観全体や看板等を販促であると捉える

販促活動をチラシやホームページ、ポータルサイトへの掲載、SNSの活用などの通常考えられる広告だけと思っていませんか?何よりもその地域で新規のお客様へストレートにお店の存在を伝えるもの、それは「店構え」です。
だから!
店構え(外観全体・看板デザイン・のれん・のぼり他)すべてを販促と捉えることが重要!
特に飲食店のような単価が低い業態であればあるほど、店構えにこだわり 新規の客数を増やす工夫をすることが必要です。

だから、店構えを変えると、いちはやく新規客を呼び込め、 売上げを伸ばせるのです!
店構えをつくるPOINT 新規客を増やし、売り上げを伸ばす店構えにするには「美味しい」お店ではなく、「美味しそう」なお店を演出する!
美味しいからお客様が来るのではない「美味しく見える」からお客様は来るのだ!
美味しそうな店構えをつくる3つのルール
誰にきてほしいのか、訴求力とブランディング

誰にきてほしいのかというターゲットの選定はお店を作る時に誰もが行いますよね。 店構えも同じで、商品アイテムやお店の雰囲気がオーナーの求めるターゲットに合っているかが大事になってきます。 男性向け、女性向け、サラリーマン、主婦、ファミリー、学生…様々な客層から、ターゲットを設定します。そのターゲットとなるお客様が、店構えやお店の雰囲気を見て抱く印象であったり、料理もきっちり統一感を出し、最初から最後までギャップなく納得するお店づくりを目指すことが重要です。 お店の業態、立地、商品などの全体を見て、訴求とブランディングのバランスをよく考えること。 「誰に来てほしいか」を決め、その人たちが好み、イメージするであろう店構えに近づけること、「こういうお店なんだろうな」とお客様に伝わることが大切になります。

発見率を上げる!

新規来店客数を増やすためには、「お店の発見率」を上げることが店構えを作る上で大切になってきます。とくに遠くからお店を見つけてもらいたいなら、次の5つのうち1つでも入っていないと発見されにくくなります。 店構えだけをデザインするのではなく、立地や環境を考えて、実際にお店がどう見られるのかを考え「来店してもらう」ために発見率を上げることが必要です。

大きさ 遠距離から見つけて もらうには、お店を 大きく見せること 明るさ 近隣と比べて、必ず 明るさで勝つこと 形 業態に合わせて、 ユニークな形のものを作ってみよう コントラスト どこで目立たせるか、アイデア勝負  動き 低コストで発見率高し。 のぼりは 使わないと損!
魅力度を上げる!
訴求度キャッチコピーや思わず入ってみたくなるコンテンツが表現されているか
活気 発見率を上げる「動き」の要素があるか?にぎやかさ、商品の鮮度に繋がる
安心感 あえてチェーン店っぽくしたり、価格が明確に外からわかるか
清潔感 色の使い方や、錆があったり剥げていたり、古い店構えでも「きれい」に見えるようにする
お得感入店したら、美味しいものが食べられそうな直感をくすぐり、さらにプラスアルファの何かを感じさせる
戸田大輔の飲食店オーナー様のための 売上げがアップする!店構えメルマガ メールマガジン登録はこちら 戸田大輔著新規客が増える飲食店の店構え 楽天ブックスで本を買う 飲食店オーナー様 限定メールで無料相談受付中! メールで相談する
メールマガジン登録はこちら 楽天ブックスで本を買う メールで相談する
店構えに変えた飲食店オーナー様より「売上げが伸びた!」のお声をいただいています!

売り上げが185%に上がりました

天ぷら海鮮 よし平(和歌山県・田辺市)
(課題)

昼に対して、夜の時間帯の集客が弱い。
天ぷら意外の商品がないこと、食事メインのお客様が多く、お酒があまり出ない。

(現状分析)

立地・ロケーションは抜群だが、ファミリーレストラン跡のイメージが残る外観。落ち着いた雰囲気で存在感はあるものの、活気が感じられない。

arrow
明るく!楽しそう!感を大きく表現
ファミリー層(特にお母さん)に一瞬で伝える店構え

「昼だけではなく夜でも、ファミリーでも行きやすそう。そしていい意味で安価感のある店構え。 でも味は本格的」がテーマのデザイン。
まずは天ぷらだけではなく、海鮮・居酒屋メニューを追加し、メニューアイテムを3倍に。酒需要を増やし、専門店ターゲットだったものをファミリーターゲットにシフトチェンジ。店構えは全体を明るくし、看板は全て手書きの親しみのある可愛らしい雰囲気の筆文字とイラストで楽しさを演出。「天ぷら」のキーワードを連呼しながら、天ぷら:海鮮:居酒屋を6:3:1の割合で表現しています。
看板に金額や写真などの表記はやめて、車で通過した時にパッと全体の雰囲気「らしい」を感じられる店構えにリニューアル。
安価・勢い・活気・清潔感・しずる感を感じられるようになっている。
大きな店舗の全てをリニューアルするのではなく、元の店舗を活かした変更でコストを抑えつつ、しっかりと見た目が変わったことを演出したリニューアルに。

リニューアルポイント
  • メイン看板・メニュー札は斜めに設置。
    動きがあるように見え、勢い・活気を!
  • メイン看板を、道路側から一番見える位置に!
  • 遠くから見える幕や看板は、業態をわかりやすく伝えるためにシンプルに!
  • 草木を取っ払って、木製の囲みを追加。
    ファミリーレストラン跡の安っぽさが消え、提灯で夜感を演出。
  • 車からよく見える進入看板は、シンプルな一言と読まなくてもいいイラストで表現!

店長 中井様

宣伝+広告なしでも夜来店のお客様が増えました!

今回のリニューアルオープンは、5年前の新規オープンの時より盛況でした!店構えが変わったからなのか、天ぷらが美味しくなったとお声をいただいたり、新規客が増えても、常連のお客様にも続けてご来店いただいています。

売り上げが180%にアップ

肉と魚とガブ飲みワイン食堂
バールマン天六店(大阪市・北区)
(課題)

イタリアンバルなのに、お酒ではなく食事メインの利用が多い。店構えと店内の雰囲気からイタリアンバルと伝わっていない。新規来店客数を上げたい。

(現状分析)

お店が暗く感じ、入口のドアには文字が並び、お店の中も見えない。入口もどこにあるのかわかりづらく来店に結びつきにくい。店内は照明が明るくバルではなく、食堂のような雰囲気。

arrow
個々の看板に役割を!
いかに入りやすく感じさせるかが数字に繋がる!

今までの客層から考え、望まれる料理やサービスに変更し、イタリアンバルらしいメニューの見直しとブラッシュアップを初めにしました。
入口のドアを2つ壊してエントランスを作り、歩道に対して垂直に面を出しました。お客様に足を止めてもらう狙いです。入口もわかりやすく位置を変え、外からはガラス越しに店内がよく見えるようにしました。
チェーン店とは違い、個人店にはお客様が感じる不安要素がたくさんあるので、とにかく店内の雰囲気を見せることで、安心感の演出を大切にしています。

リニューアルポイント
  • イタリアンを感じる赤の布生地のテントに変更!
  • 道路の反対側からでもお店がわかる明るさに!
  • パッとみて「気になる!」印象を与える
  • 店構えの色を赤に統一して、一体感を出す!
  • ピコピコ回る突き出している看板をアイキャッチに!
  • テント上の看板は、道路を挟んだ向こう側の歩道を歩く人と道路を走る車を意識して、
    文字を大きくシンプルに!店名より何屋さんかを手描きに!

新規オープン店舗事例

三代目 うめきち(大阪市・福島区)
(課題)

まぐろ問屋の三代目で、まぐろ一筋の専門家が直営する海鮮居酒屋をどう表現するか。固い専門店になりすぎないような雰囲気を外観でしっかりと伝える。

(現状分析)

大阪の福島という専門店が多い立地の中で、ある程度専門店として見られながら普段使いできるイメージを作りたい。 国道からも見える立地で、飲食店が並ぶテナント物件。その中でも見つけてもらいやすく、入りやすい専門店

arrow
飲食店街の一軒で、迫力と存在感を!
高級すぎない入りやすい専門店を表現!

まず、他の店舗に埋もれてしまわないよう、迫力のある大きな看板を設置。店舗上の室外機が大きかったが軒を伸ばすことで、大きな看板を付けられるように工夫している。 大きな看板は高級感が出すぎてしまうので一枚板は却下し、その代わりに店名は崩しすぎない力強い文字で表現。
軒は本物の瓦を使用し、料理の本格さを感じてもらえるようにしている。
できるだけ入りやすいように入口は全てを扉に。老舗の雰囲気が漂う木の扉で、気温の程よい季節の時は取り外しでき、とにかく入りやすいイメージを演出。国道からも見える提灯は、鮮度と見やすさから白色でシンプルに。
のれんは、本格的・歴史を感じさせる紺色を。まぐろ問屋直営を一言で表現し、のれんの長さは外からお客様の顔が見えるか見えないかの絶妙な調整を行った。

戸田大輔の飲食店オーナー様のための 売上げがアップする!店構えメルマガ メールマガジン登録はこちら 戸田大輔著新規客が増える飲食店の店構え 楽天ブックスで本を買う 飲食店オーナー様 限定メールで無料相談受付中! メールで相談する
メールマガジン登録はこちら 楽天ブックスで本を買う メールで相談する
店構えプロデュース秘話
看板屋として25年。 さらに繁盛させる店構え専門家として5年。

看板制作業として30歳で愛媛県で独立しました。
独立当時、求められるものは価格・スピード・無料デザインでした。建築屋や工務店には喜んでもらえるものの、その店のオーナーが喜んでくれているのかが明確にわからず、悩み続けていました。
看板の意味は?看板の役割は?
これを追求すれば、本当の意味でお客様に喜んでいただけると気付いてからは、看板屋の価値を理解いただける方と仕事をすることを決め、さらに結果にこだわり続けました。
その結果、確実にお客様の実績を上げ、多くの実績ができ、信頼をいただけるようになりました。

看板屋も飲食店も同じ、モノづくりの事業です。

新規客を増やしたい、入りやすいお店にしたいとお考えの飲食店オーナー様、お客様に喜んでもらいたいという気持ちの強さがあれば、まだまだできる事はあります。
自分自身では当たり前になり過ぎて説明不足で表現しきれていなかったり、伝わっていると思い込んでいたり、もったいないことをしていませんか?
まだ来店されたことのないお客様は、まだあなたのお店のこと、料理のことを何も知らないのです。
お客様に伝えたい気持ちが強ければ、こだわりは伝わります。
私は、格好いいお店やオシャレなお店作りができたとしても、お店が繁盛していなければ意味がないと考えています。
見栄えが良いだけの店構えを作るのではなく、どうすれば一人でも多くの方に入店してもらえるかを真剣に考えています。

あなたのお店のことを探している人はまだまだたくさんいるはずです。
店構えが正しく変われば、入店されるお客様も変わります。店構えをパワーアップさせ、新しいお客様と出会ってください。
お店全体で成長していきながら、お客様に選ばれ続ける繁盛店に進化させていきましょう!

戸田大輔
戸田大輔
戸田大輔
戸田大輔
(有)ジャパンセントラルサイン代表取締役

大手外食チェーンから個人経営の飲食店まで、数多くの外観を手掛けるコンサルタント。関西を中心に全国、海外にも活動の場を広げ、実績は1000件を超える。 1992年から看板屋の仕事に携わり、99年に四國中央サインを創業、05年に(有)四國中央サインとして法人化、09年に(有)ジャパンセントラルサインに社名変更、現在に至る。 一人でも多くのお客様に、お店のコンセプトを正しく伝え来店していただけるよう、あらゆるノウハウを串して、魅力的な店構えを作る。他にも、入店の背中を押す入口メニュー、客単価を上げるメニューブックやポップなども含めて、統一感のあるデザインを作り、繁盛店を生み出している。

戸田大輔著 新規客が増える 飲食店の店構え
私たちがお手伝いする範囲 店構えプロデュースサポート
私たちの得意分野
和を中心とした飲食業に特化しています。

(和食・うどん・そば・丼もの・ラーメン・居酒屋・焼肉・焼き鳥...etc)などの専門店や単品店。

低単価業態店

※平均単価3500円前後、程度まで。

基本メニュー
  • 外観・店構えコンサルティング
  • 魅力ある外観企画デザイン
  • 施工監修・施工ノウハウの提供
セットプラン¥450,000-
※当方は工事を請け負いません。得意分野はプロデュース業です。

基本、お客様がいつも施工を依頼してる業者様をご紹介下さい。施工業者がいない場合はご紹介もできる地域もございます。上記金額は税別。

オプションメニュー
・ロゴマーク・ショルダーネームデザイン・グラフィックデザイン・手描き文字・イラスト・地図 ・メニューブックデザイン・ショップカード・名刺デザイン・店内コーディネート・タペストリー・ポスター ・POP・のぼり・のれん・ひよけデザイン
戸田大輔の飲食店オーナー様のための 売上げがアップする!店構えメルマガ メールマガジン登録はこちら 戸田大輔著新規客が増える飲食店の店構え 楽天ブックスで本を買う 飲食店オーナー様 限定メールで無料相談受付中! メールで相談する
メールマガジン登録はこちら 楽天ブックスで本を買う メールで相談する